無気肺と胸水の見分け方

無気肺も胸水も胸部X線(レントゲン)では両方とも真っ白になる。

学生ならばときどき迷うこともあるかもしれないが、全く違う病態なので間違えるわけにはいかない。

しかし、片側の肺が真っ白な時は一見区別がつかない。

 

胸水、無気肺

胸水とは、胸腔に水が溜まっている状態である。それにより肺は圧排される。そして、縦郭も押しやるので、反対側に偏位する。

 

無気肺は、文字通り、肺の中に空気がなくなってしまった状態。なので、その部分の体積は著しく減っており、圧力は下がるので、患側に縦郭が引っ張られる形になる。また、ほかの肺葉は大きくなっている所見も見られる。

体積が減っている無気肺と、水が溜まっていて肺を押しやる胸水は、上のような違いがみられる。

コメント